バーオソルダイエットとは
バーオソルダイエットとは

バーオソルとはフランス語で床の上のバレエを意味する体操の事で、自分の体重を利用した無理のない動きで体の内側の深層筋を鍛えるエクササイズダイエットになります。自分のペースに合ったダイエットが可能なので、ちょっとした時間の合間に出来ますよ。

そうめんダイエットと一緒に行うストレッチ運動

そうめんを食べるダイエットを上手に行うためには、適度な運動法も取り入れる必要があります。ストレッチの運動を取り入れる方法は、体力に自信がない人にも向いていますから、仕事や家事の合間に行うようにすると効果的です。適切な方法で行えば、インナーマッスルを鍛えて効果的に脂肪を減らせるようになります。

そうめんだけを食べるようでは栄養バランスが悪くなるため、他の食材を上手に組み合わせるようにします。夏場であれば、オクラやモロヘイヤなどの野菜を添えて、鰹節をたっぷりとかけて食べることがおすすめです。味付けは温かい麺つゆを使うだけでも美味しいために、忙しくて時間がないときでもすぐに作ることができます。

ダイエット中に体を冷やす食材を食べることは、本来は避けるべきです。しかしながら、工夫を施すことによって、食材にも相克の作用を与えることができます。そうめんは寒涼性の食材ですが、薬味としてショウガや唐辛子を使えば中和できます。夏場であっても温かい状態で食べることが特に理想的で、胃腸の保護のために役立ちます。冬場のダイエット中には、温かいそうめんを食べた後にストレッチをすれば、体が芯まで温まります。

そうめんも炭水化物が主体の食べ物ですから、食べ過ぎれば太る可能性があります。ダイエット中には腹八分目を意識して、麺と同じくらいの量の野菜を一緒に食べることが大切です。歯ごたえのあるキュウリやタケノコを具材として加えるだけでも、満腹感を得やすい料理になります。

そうめんをエネルギー源として、ストレッチで体を鍛錬することで、本来の基礎代謝や新陳代謝が活発になっていきます。ストレッチの運動においては、冬であっても汗をかく程度の強度で行ったほうが引き締め効果が働きやすくなります。